布留川 勝の人材育成の現場日記

インド人が感じるフラストレーション

2013/05/28

エッセイ

DSC_0653

 

「国際会議における有能な議長とは、どんな人だろうか?
それはインド人を黙らせ、日本人を喋らせる者だ」

使い古されたジョークだが、先日、改めてこれを実感する機会があった。

先日、インド人の方とお会いしたのだが、やはり
彼らが一番感じる日本人に対するフラストレーションポイントは、
「会議で決めないこと」
だという。

国際会議で発言をしないのに、その後の根回しのための飲み会では饒舌に話す。
なぜ、せっかく会議という場があるのに、そこで話さないのか?
なぜ、オープンな場で自分の意見を言わないのか?というものだ。

私は常日頃、日本人は「必要なこと以外は話さない」という
スタンスの人が多すぎる
ように感じている。
もちろん、何を話していいのか分からないということもあるのだろうが、
それでは、対峙する外国人にとっては、
「いつもニコニコしているが、特に発言もせず、自分のことも語らない、
いつも薄いベールで覆われた人」
に過ぎない。

会議で存在感を出す、というのは語学力の問題ではない。
それは「場をコントロールする技術」なのだ。

だが、これに気づいている人は少ないのではないか。
単なる語学力のみをあげても、
自分が有利になるような「場のコントロール」が出来なければ、結局うまくいかない。

次回6月15日(土)開催予定の当社公開セミナーでは、
メディアトレーナーとしても、多くの企業トップのコーチングを行っている
David Wagner氏が登壇する。
マスコミ対応でどのようなタイミングでどのような発言をすべきか。
それを熟知した彼が行う「ミーティング&電話会議スキル」セミナーなので、
「場をコントロールする」Tipsが盛りだくさんだ。

ぜひ、ミーティングに悩んでいらっしゃる方はご参加いただきたい。
■詳細:
6月15日(土)
「英語ミーティング&電話会議スキル」
~会議で何も言えなかった自分から、積極的に発言できる自分へ~

http://www.personal-globalization.com/seminar/pgseminar25_20130615.html

グローバル人材育成研究会のお申込はこちら

関連記事

人気記事

グローバル人材育成研究会【G研】のお申込みはこちら

ページ上部へ